分譲住宅を購入するメリットとデメリット!近所付き合いの問題点ect.

分譲住宅

一戸建て住宅の種類に「分譲住宅」があります。

皆さんはご存知でしょうか?

不動産会社がまとめて購入した土地を分割して、そこに住宅を建築し販売するものです。

分譲住宅は、昔は同じ見た目の住宅が並んでいることが多かったのが、今は外装・内装ともに住宅に違いが出るようになりました!

今回は、分譲住宅を購入するメリットやデメリット、近所付き合いについてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1.分譲住宅のメリット

分譲住宅のメリットは3つあります。

1-1. 購入前に見て確認できる!

分譲住宅の場合、すでに完成している住宅を見て確認してから購入することが可能です。

「日当たりのよさ」「収納スペースの数」など、自分に合った要素をあらかじめ確認できるこのポイントはとても大きなメリットだと思います。

1-2.費用が安い!

分譲住宅には、費用が比較的安いというメリットがあります。

住宅の購入はとても大きな買い物なので、できるだけ費用は抑えたいですよね?

費用が安いというメリットは、非常に嬉しいものですよね。

また安いので、予算が立てやすいというメリットにも繋がってきます。

購入に必要な費用を、把握し前もって用意しておくことができます。

1-2.利便性の高い生活を送ることができる!

一般的に大型の分譲住宅は、畑だった土地を造成するので、街中から少し離れた場所に建築することが多いのです。

なので、分譲住宅に対し「生活が少し不便になりそう」というイメージがあるかと思います。

しかし、分譲住宅と一緒に学校や病院、スーパーなどが建設されることもあるので生活が不便になることが少ない分譲住宅が多くあります。

「事前に確認できる」「費用を安く抑えることができる」「利便性の高い生活が送れる」という3つのメリットには、共通して「安心感」という分譲住宅ならではの魅力があると言えます。

分譲住宅

2.分譲住宅のデメリット

たくさんのメリットがある分譲住宅にも、デメリットがあります!

土地の広さが決まっている分譲住宅の場合、「庭をもう少し広くしたい(狭くしたい)」と要望を通すことは難しいのです。

そのため、購入する際は土地の広さをあらかじめ確認しておかないと後々大変なことになります。

間取りや内装・外装デザインも最初から決まっているため、自身の希望する間取り、デザインにすることができないのです。

最近は、間取りのパターンを何枚か用意している住宅が増えてきています。

自分を含む家族の暮らしに合う間取りを選択することができるようなりました。

また、デザインに関してもプロの設計によるお洒落な景観も増えてきているので、比較的デザイン性の高い住宅に住むことも可能です。

分譲住宅

3.近所付き合いはどうなんだろう?

住宅を購入する際に、隣近所の方とうまくやっていけるのか?

切実な問題ですよね。

一戸建て住宅を買ったら、そう簡単に引越しをすることはできませんよね?

一戸建て住宅の近所付き合いには、どのような問題点があるのか?

その対策についてご紹介させていただきます。

3-1.分譲住宅での近所付き合いって大変?

近所付き合いについて検索してみたのですが、「近所付き合いに限界」「近所付き合いが苦痛」といった書き込みがとてもたくさんありました。

マンションよりもプライバシーが保てて、自由に暮らせると思っていましたが、悩みを持っている方がかなり多いということに私はかなり驚きました。

具体的にはどのようなことが問題になっているかまとめてみました!

  • 「 隣家の話し声とか通りからの音がうるさい!」
  • 「もうすでにできているグループに入れない!」
  • 「通りから家が丸見えで嫌!」
  • 「苦手な人が近所にいるのが苦痛!」

などが、たくさん書いてありました。

3-2.小学校から遠い子どもが比較的少ない

分譲住宅の近所付き合いで、多く見かける悩みが、子どものいない共働きの世帯の方が「子どもの多いエリアに住んでしまった」というケースです。

子育て世帯のママたちとコミュニケーションをとったりライフスタイルの違いに苦労している方が多いみたいです。

どんなに古くからの友人同士でさえ、独身で働いている人と子どものいる専業主婦では、やはり今まで通りの親しいつきあいを続けることは難しいのではないでしょうか?

子どもを持つ予定がない場合、できるだけ小学校や幼稚園から遠いエリアに住むのが良いと思います。

3-3.お隣さんは年代が違う家族!

近所に、同じ年頃のお子さんがいる家庭があると何かと安心ですよね?

ただし、通りを挟んで目の前や少し離れた場所のほうがいいと言われています。

年代が近すぎると、何かと比較をしてしまいがちになってしまいます。

分譲住宅に住んでいて、お隣の家族とよい関係を築けている人の多くは、隣同士の年代が離れている場合が多いのです。

近所付き合い

4.近所付き合いで後悔をする前にやること!

分譲住宅を購入する前に近所の様子をリサーチしましょう!

できれば、平日と休日それぞれ下見したほうがいいです。

平日の夕方は人が集まりがちで、その時間帯に辺りがどのような状態になっているのかを確認しておくと役に立ちます!

分譲住宅を購入する場合は、仲介業者に近隣を購入予定の方の家族構成を聞いて見るのもオススメですよ♪

特に、お隣に住む家族は重要で自分とほぼ同じ家族構成や年代の場合は避けておくと後々揉めることがなくなるので参考にしてみてくださいね♪

分譲住宅

5.まとめ

  1. 分譲住宅を決める際は、実際に見て自分に合った家かを確認してから決めてください。
  2. デメリットよりもメリットが多く、費用も安いので分譲住宅はオススメです!
  3. 近所付き合いをうまくする方法は、隣同士の年齢の差を確認してから分譲住宅を決めてください!

トラブルに巻き込まれないように、事前に確認が必要です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)