Uターン転職は年齢制限が厳しい!?後悔しないためのポイント

Uターン

会社員として働かれている方なら、一度は考える内容として、転職があると思います。

その中でもUターン転職を検討されている方も多いと思います。

「故郷で家族と暮らしたい」

「ゆとりのある生活をしたい」

など、自分の理想を実現させるためのUターン転職。

でも、ちゃんと知識を持っていないと後で後悔することになるかもしれません。

後悔しないためにも正しい情報収集を行い、自分の人生設計をしっかり考える必要があります。

今回は、Uターン転職とはなにかや、年齢制限はあるのかなどのUターン転職で後悔しないためのポイントをご紹介いたします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1.Uターン転職とは?

Uターン転職とは、自分が生まれ育った地元で仕事をするために都会から故郷に戻り転職することです。

「生活を変えるため」「家業を継ぐため」など、人それぞれ理由は様々です。

現在は「家族の介護」を理由にUターン転職する人も多くなってきています。

2.地方自治体によるUターン支援施策とは?

Uターン転職によるメリットとして、「田舎暮らし」の魅力やUターン者への「支援施策」があります。

自治体で様々ですが、「住宅の確保や子育て支援」「引っ越し費用の負担」などもあります。

そして、全国的に「ITインフラの基盤」が整ったので「都会じゃなくても仕事ができる」という環境になりました。

業種によっては違いますが、地元に拠点を置く会社が増えてきています。

Uターン

3.Uターン転職で気を付ける3つのこと

Uターン転職を軽い気持ちで考えていると失敗するかもしれません。

なので、失敗しないためにUターン転職で気をつけるべき3つのことをご紹介させていただきます。

3-1.Uターン転職の理由を明確に

Uターン転職をどんな理由でするのかを、明確にしておいた方が失敗する可能性が低くなります

もし、「ゆっくり仕事がしたい」という理由で地元に戻るのであれば、その理由を自分のなかで整理をしてUターン転職の後の職場で後悔しないようにしましょう。

Uターン転職をする意思がしっかりと決まっていれば、他の苦難も乗り越えられるかもしれません。

理由があれば、それを基準にして仕事を選ぶことができますよね。

年齢

3-2.Uターン後の仕事探し

Uターン転職をする人が1番注意しないといけないのが、Uターン後に仕事探しを行うことです。

もしかしたら、都会でしていた仕事が地元にはないかもしれません。

「自分で会社を作る」という人には問題ない話ですが、都会で働いてた仕事と同じ仕事をしたいという方は、Uターンしてから仕事を探すとなると見つけられない可能性があります。

なので、Uターンをする前に「ハローワーク」「マイナビ転職」などで下調べをする必要があります。

3-3.Uターン転職の年齢制限

田舎の場合、求人数は少なくなります。

年齢制限は職種により、バラつきがあります。

転職は35歳位までとよく言われますが、それより年齢が上のものもあります。

これまでの経歴が活かせる職種で、アピールが上手くできれば合格したということもある話です。

田舎は求人数が少ないですが、応募者も少ないということがあります。

このことから、会社によっては年齢は関係なく、受かりやすいところもあります。

ただし、年齢が高くなってからの転職は、現職を行いながら進めるという方向が望ましいです。

なかなか見つからない危険性があるということを忘れないようにしましょう。

年齢

4.Uターン転職活動の2つのポイント

Uターン転職活動のポイントは、2つありますのでご紹介させていただきます。

4-1.タイミングを逃さない

田舎の場合は、中小企業がほとんどです。

なので、募集をしていても人数が少ないのですぐ枠が埋まってしまいます。

自分の希望に合った条件のものがあったらすぐに行動しましょう。

田舎に限らずの話になりますが、12月から3月前半にかけては、人の異動があるため、募集の枠が増える傾向にあります。

4-2.可能性を広げる

地元に戻って転職活動をするのは、かなりの時間と費用がかかります。

都会にいるときから情報を集められるようにうまく手段を活用しましょう。

インターネットでの求人サイトや、実家などに頼んで求人のチラシを送ってもらうということも大切です。

年齢

5.Uターン転職の流れ

uターン転職を考えている人は多いと思いますが、何から始めたら良いのか分からないと言う方も多いのではないでしょうか?

悩んでいる方へ、uターン転職の流れをご紹介させていただきます。

5-1.求人情報収集

地元の求人情報を集めることから始まります。

「ハローワーク」「求人サイト」「エージェント」への登録、求人チラシ、人脈を頼ることもひとつの手です。

地元特化型の求人サイトがある地域もあります。

自分に合った方法で探しましょう。

転職

5-2.選考から内定

地元の会社も選考などを行う場合は、平日にすることが多いので面接を受ける場合は、今働いている会社を休まないといけません。

有給などを利用し、調整をしないといけなくなります。

複数回の面接がある場合、すべての費用は自己負担になることがほとんどなので、事前に資金を貯めておく必要があります。

5-3.引き継ぎ&退職

転職先が決まれば、すぐに現職の会社に退職する旨を伝えましょう。

状況によって退職交渉が長引く可能性もありますので早めの準備が必要です。

また、保険証の手続きなど、退職後もやり取りをする可能性がありますので、円満退職となるようにすることが大切です。

6.まとめ

①Uターン転職とは、人それぞれの理由で都会から地元に戻って仕事をすることをいいます。

②Uターン転職のメリットは「田舎暮らし」の魅力+「Uターン支援施策」があることです。

③Uターン転職で気を付けることは3つあります。

  • Uターン転職をどんな理由でするのかを自分のなかで整理して明確にしておくと失敗のリスクが減ります。
  • Uターン後に仕事探しをする場合は注意が必要です。

④Uターン転職活動のポイントは2つあります。

  • タイミングを逃さない
  • 可能性を広げる

⑤Uターン転職の流れは、「求人情報収集→選考から内定→引き継ぎ&退職」です。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)