転職に失敗した場合はその後が重要!失敗を成功にひっくり返す方法

転職に失敗した場合

前の会社で条件が合わなかったり、他にやりたいことがあったため、苦労の末に転職成功。

しかし、これから頑張ろうと思って働き始めたものの思っていたのと全然違う。。

これは転職に失敗したのではないか?と判断することもあるかもしれません。

私は転職に失敗した経験があります。

自分なりに調べて、筆記試験と面接を受けて合格したものの、「転職前の会社の方がまだマシだ。。」という結果になったことがあります。

その後、自分なりに転職に失敗した経験を分析し、改善点を見つけ、次の転職に活かしました。

その結果、現在の会社はこれまでで一番満足したものになっています。

転職に失敗した場合、どうしても焦る気持ちが出たり、「もう終わった。。」などと投げやりになってしまうことがあるかもしれませんが、自暴自棄になってしまうと上手くいくことも上手くいかなくなります。

転職に失敗した場合、その後の行動をどうするかは冷静に判断していきましょう。

今回は、転職に失敗した場合でも、その後の仕事をより良くしていく為の方法についてご紹介致します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1.転職に失敗する原因

転職に失敗した場合、その後の行動を考えるのと同じくらい大切なこととして、失敗した原因を考えることが大切です。

原因がわかれば、次の行動に生かしながら物事が進められます。

1-1.騙される

求人情報に嘘があり、こちらの希望していた条件と実際の条件が異なっている場合があります。

こちらの許容できる範囲内であれば問題ないのですが、許容できない場合は転職に失敗したと捉えてしまいます。

こちらに非がない分、余計に失敗したという思いが強くなると思います。

条件が異なる場合は会社にその件について相談してみるのも一つの手です。

失敗しない予防策としては、転職エージェントを利用するという方法があります。

こちらの譲れない条件を明確にし、その内容をエージェントに伝えれば、これを満たす転職先をエージェントは探してくれます。

転職先もエージェントも転職者がすぐに辞めると困ります。

転職エージェントを利用する場合、転職者は無料で利用できますが、受け入れて側の企業は多額の報酬をエージェントに支払うからです。

ですので、こちらの希望する条件の確認はきちんと行ってくれます。

1-2.確認不足

こちらの希望条件を相手に伝えていなかったなどの条件面についての確認不足があると転職に失敗したと感じます。

転職した際に、合格する方に頭が行き過ぎて給料面の確認などを行わなかったという人は意外とおられます。

給料を例にしますと、金額の確認を行わないと、採用側は安い給料に設定してしまいがちです。

最低いくら以上欲しいという金額がある場合は、面接時や内定の連絡を貰ったときに確認や交渉を行うほうが良いと思います。

チェック

1-3.悪い人がいる

職場に嫌な人が居て仕事が嫌になることもあると思います。

これは入ってみないとわからないので、避けようがありません。

事前の予防策としてはネットで離職率を検索してみたり、募集要項などを確認し、増員での募集か欠員での募集か、常に募集がかかっている会社なのかなどを確認することになります。

しかし、これらは予防策といっても全ての会社で行える方法であるとは限りません。

嫌な人がいて転職が失敗したと感じる場合は、その嫌な人への対処方法を考えたり、どうしても耐えられない場合は、転職を行うという方法が現実的です。

2.転職に失敗した場合、その後の対処法

転職に失敗した場合はその後の対処の方法が重要になってきます。

決して自暴自棄になってはいけません。

自暴自棄になっては上手くいくものも失敗してしまいます。

自分の中で戦略を立てて、次のキャリアにつなげていきましょう。

2-1.会社に相談する

条件などが自分の思っていたものと異なっており、我慢できない場合は会社に相談しましょう。

相談先は上司や総務部になります。

意外と相談することにより改善されることはあります。

仕事内容などに対する不満の場合、すぐに改善できなくても年度変わりなどに部署異動を行なってくれることもあります。

採用側もすぐに辞められては困るので、相談に応じてくれることは多々ありますが、応じてくれない場合は次からご紹介する方法に移行しましょう。

転職

2-2.すぐに転職活動を行う

転職に失敗したということは社会人経験が既にいくらかあると思います。

失敗した転職先で身につけられるものが無いと判断した場合は、在籍しながら転職活動を行うことがオススメです。

転職後すぐに辞めてしまうと、履歴書に傷がつくのであまりよろしくありません。

まずは自分の状況からどのような仕事に就けるかや、どのような仕事をしたいか判断し、自分の希望する地域の会社情報を集めていきます。

その中で希望する仕事が出てくれば、応募していきましょう。

自分がどのような市場価値があるかを客観的に判断したい場合は、転職エージェントの利用もオススメです。

無料で利用でき、自分専属のキャリアアドバイザーが付いてくれて、転職活動に対するアドバイスを行ってくれます。

面接対策だけでなく、自分にはどのような市場価値があり、希望勤務地にどのような仕事があるかなど、アドバイスはかなり手厚いものになります。

面接日の日程調整や給料交渉なども行ってくれるので、現職に在籍しながら転職活動を行う人にとっては時間の節約にもなります。

先程、在籍しながらの転職活動をオススメしましたが、自分の体調や精神面が持たない場合は話が別です。

その場合は失敗した転職先を先に辞めて、自分の状態を良くしてから転職活動を行うほうが良いです。

体調や精神面が崩れていると正常な判断が出来ず、また転職に失敗してしまうリスクが高まります。

2-3.時期を図って転職を行う

転職に失敗した場合でも、その会社で身につけられるスキルや次の転職に有利になる経歴が失敗した会社で身につけられる場合は、時期を待ってから転職を行いましょう。

待つ間はしんどいかもしれませんが、次の転職につなげる自分を高める期間と捉えれば、仕事もにもやりがいが生まれてき、仕事に集中しやすくなります。

その仕事に関連する資格があれば合わせて取っておくと、次の転職がさらに有利に進められます。

3.まとめ

転職でこれまでの嫌なことが全て無くなり、新たに働けるという保証は100%ではありません。

どうしても転職に失敗する可能性というのはあり得ます。

転職に失敗した場合でも、その後の行動をどうするかによって自分の人生は大きく変わってきます。

当記事をご参考頂き、ご自分にとってより良いお仕事ににつなげて頂けましたら幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)