ゼロからサーフィンを一人で始める方法

サーフィン

サーフィンをやってみたいけど、始めることをためらっている方は結構いらっしゃると思います。

周りにサーフィンを行っている人がいれば、連れて行ってもらって始めることが出来ますが、そのような状況の方は少ないです。

また、一人で始めるにはハードルが高いイメージを持ってしまいがちなスポーツでもあります。

今回は、知識ゼロからサーフィンを一人で始めるための方法について順を追ってご紹介致します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1.スクールに行く

全くの初心者で周りに教えてくれる人がいない場合、スクールに行きましょう。

スクールはサーフスポットの近くに結構あり、一人で参加されている方も多くいらっしゃいます。

「お近くの海の地名」+「サーフィン」+「スクール」で検索すれば、出てきます。

無い場合でも、ムラサキスポーツなどのサーフィン用品を扱っているスポーツショップ主催のスクールなどもあります。

スクールをオススメする理由は下記になります。

  • サーフィングッズを買う前にレンタルし、続けられるか見極める
  • サーフィンについて正しい知識を身につける
  • 安全について正しい知識を身につける

グッズをレンタルし、続けられるか見極める

実際にサーフィンを始めると、イメージが違っていて、自分には合わないということもありえます。

ウエットスーツや、サーフボードは購入すると高額です。

まずはグッズのレンタルが行えるスクールで体験をしてみることをおすすめします。

サーフィンの知識を学ぶ

サーフィンについての正しい知識を身につけるとサーフィンの楽しさがより深まります。

また、サーフィン独自のルールやその地域でのルールなどもあります。

ルールを守らないとトラブルに繋がることもあります。

そうならないためにもその地域の海に詳しい方に教えてもらうのが一番だと思います。

安全の知識を学ぶ

海での事故は命の危険につながります。

一人でなんとなくの知識ではなく、詳しい方から安全についての正しい知識を学ぶことは非常に重要です。

例えば、海に流される危険があるために潮の流れを知る、落雷の危険性があるので雷が鳴れば海から上がるなど、命を守るために知っておいた方が良いことがあります。

こういった知識もスクールだと学べます。

サーフショップ

2.道具を揃える

スクールに行き、続けたいと思った場合は道具を買い揃えましょう。

必要な道具は下記になります。

  • サーフボード
  • リーシュコード(サーフボードと自分の足をつなぐひも)
  • サーフボード用ワックス
  • ウエットスーツ
  • 水やお湯を入れるタンク(海から上がった後にボードや体を洗う)
  • 車の鍵を入れるケースなど

一人ではどれを選んで良いかわからない場合、スクールのインストラクターの方に相談するのも良いと思います。

サーフボード

3.海に通う

1.2.が終われば、実際に海に通うことが最も大切です。

波の状況を知りたい場合、海の近くのサーフショップのブログや、波情報のアプリが便利です。

サーフィンの場合、道具を揃えてしまえば、あとは交通費くらいしかお金はかかりませんので、一人でも続けやすいと思います。

朝焼け

4.まとめ

サーフィンを始めるために、具体的にどうすれば良いか分からない方に向けて、一人で始めるための方法を順を追ってご紹介しました。

この記事がサーフィンを始めるきっかけになれば幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)