【スノーボード初心者の道具】無駄な費用をかけないために知るべきポイント

スノーボード

冬のスポーツといえばスノーボードですね。

道具一式を普通にそろえようと思うと20万円前後の費用がかかり、ブランドにこだわればそれ以上かかります。

初心者の方はレンタルされる方がほとんどだと思いますが、レンタル品だといつまでたっても上達しません。

ウェアは良いとしても毎回違う道具を使っていると費用もかかるし、滑り方を毎回調整しなくてはいけないので慣れるのに時間がかかります。

せっかく滑りに来のなら、最初から思いっきり滑れる方が良いですし上手くなりたいですよね。

入門セットである、3点セット(板・バインディング・ブーツ)くらいは自分用で購入しましょう。

ただし、ネットでたくさん出回っているノーブランドの商品だとレンタル品より悪い品質のものもあります。

そうなると結局買い直すハメになります。

今回は費用を無駄にかけないように購入前に知っておくべき道具のポイントと、初心者におすすめのブランドをご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1.板選び

1-1.板の選び方

まず板の長さは身長に合わせて選ぶのが一般的です。   

【長さ選びの目安】

  • 175㎝以上 身長マイナス20㎝
  • 160㎝~175㎝ 身長マイナス15㎝
  • 160㎝以下 身長マイナス10㎝

だいたい板の長さ=身長マイナス15㎝前後で選ぶといいとされています。

長い板は回しづらいけど安定性がある、短い板は安定性には欠けるけど回しやすいなど、それぞれメリットがあります。

また、体重が軽い人は少し基準より短くした方が操作しやすいとか、体重が重い人は長めの方が滑りやすいという特徴もあります。

初心者の人は安定性が求められる滑りはいきなりしないですし、操作性が上がった方がコケにくいので、基準より短めを選ぶのがおすすめです。

1-2.価格

高品質な板は当然高いですが、初心者がその性能を活かせるかといえば難しいです。

元プロボーダーの友人に教わったスノーボード板の価格ラインは以下の通り。

  • ~3万円 激安品・・1シーズンだけ使用、フリーランで普通に滑る
  • 4万~ 良品・・・3シーズンは使う、パークやグラウンドトリックなどで遊ぶ、
  • 7万~ 高品質・・・3シーズン以上、頻繁に滑りに行く、大回転、ハーフパイプなどをする

ワンシーズンに数回滑るだけ程度なら激安ラインでも問題なし。

全ての板でやろうと思えば何でもできますが、折れたり滑りが悪いなどのトラブルを避けたいところです。

そのため、趣味で始めようとしている方は良品ラインの4万円以上の板を買った方が結局コスパは良いです。

3点セットを3万円以下で買う時は板が傷つくのを恐れずにガシガシ練習できるメリットもありますが、ちょっと長く使える使い捨てくらいの気持ちで購入しましょう。

1-3.板の種類

板の形はアルペンスタイルとフリースタイルがあります。

アルペンはスピード重視で競技向けです。

お店に置いてあるほとんどはフリースタイル向けです。

また、板には硬い板と柔らかい板があります。

板にはフレックスとトーションという2つの基準があります。

初心者の方はフレックスだけ意識していれば大丈夫です。

フレックスとは「板がよくしなるか?」ということで、よくしなる=柔らかい板ということです。

初心者の人がよくコケるのがターンの切り替えしの時だと思います。

この切り替えしがしやすくなるので柔らかい板がいいです。

スノーボード選びのポイント①
長さは基準より短め
スノーボード選びのポイント②
滑り方に合わせた品質(価格)の板
スノーボード選びのポイント③
柔らかい板

2.ブーツ選び

ブーツは板の操作性に影響するので3点セットの中で一番重要といってもいいです。

サイズを試す時は実際に滑る時に使用する厚手のソックスを履いて試着しましょう。

2-1.ブーツの種類

【硬い柔らかい】

ブーツにも硬い柔らかいがあります。

硬いと板に力が伝わりやすくスピードが出やすくなります。

初心者には動きやすい柔らかいものがおすすめ。

【紐の締め方の違い】

ブーツの紐の締め方は以下の3種類

  • 紐タイプ・・・普通の靴のように紐で締まりを調節するタイプ
  • BOAタイプ・・ダイヤルを回すとワイヤーが締まる。緩めるのもダイヤルでワンタッチ。
  • スピードレースタイプ・・両サイドの持ち手を引っ張ると全体の紐が締まる。中央のストッパーでロックできる。

初心者や特に女性はブーツをキツく締めるのに苦労するのでBOAタイプのブーツがおすすめ。

3.バインディング選び

体と板を固定する大切な道具。

これも角度や硬さなどこだわる点は多々ありますが、初心者はまずホールド力を重視で選びます。

ホールド力が弱いと板を上手く操作できないどころか転倒した時に板がブーツから外れてしまい危険です。

3-1.バインディングの種類

種類は以下の3種類。ホールド力を個人的に☆で表すとこんな感じです

  • ストラップタイプ・・・・☆☆☆☆☆ (どんなブーツでも対応できる) 
  • ステップインタイプ・・・☆☆☆ (バインディングとセットのブーツでないとホールド力が弱い)
  • リアエントリータイプ・・☆☆ (一番着脱しやすいがブーツの裏に雪が詰まっていると無意味)

初心者には一番ホールド力のあるストラップタイプがおすすめ。

ステップインタイプもおすすめですが安価なノーブランドの場合はおすすめしません。

プラスティック製が多いので安価過ぎる(1万円以下)と割れやすいようなので注意。

ブーツ選びのポイント①
ブーツは必ずソックスを履いて試着
ブーツ選びのポイント②
柔らかいBOAタイプで出来ればバインディングと同じブランドのモノ
ブーツ選びのポイント③
バインディングはステップタイプで安価過ぎないもの

2.初心者におすすめのブランド

選び方の次はブランドですが、どこがいいかさっぱりですよね。

有名どころでは長年ボーダーから支持を得ている「BURTON」などがあります。

バートンのなかでもCUSTUMモデルはオールラウンドで使える板として人気がありゲレンデでもよく見かけます。

バートンでは板・ビンディングをセットで購入するようになっています。

予算に余裕のある方はまずここでブーツ含め3点揃えれば間違いないです。

板とビンディングのブランドを揃えなくてもいいから費用を抑えたい、ある程度しっかりした道具が良いという初心者の方には以下のブランドがおすすめ。

2-1.3点セット購入の場合

【女性向け】

「K2」初心者向けに低価格で高品質なボードの提供をしていて初心者には申し分ないブランド。

K2でおすすめしたいのがWorld wide weaponモデル。

通称WWWはソフトフレックスで初心者でも扱いやすく定評あり。筆者もスノボデビューはK2でした。

メンテナンス無しで雑に扱い3シーズンほど滑りまくりましたがバインディングと板に関しては全く問題無し。

ブーツはBOAタイプでだんだん緩むようになりましたが、そこまでがっつり滑らなければ問題ないと思いますし、今は改良されているようです。

【男性向け】

「HEAD」オリンピック選手も使用しているブランドなのに初心者向けに高品質なセット販売を安価でしてくれている神ブランド。

中級者になっても不満なく使い続けられる板が手に入ります。

2-2.板のみ単品購入の場合

【ALLIAN】

日本の湿った雪でも滑らかに滑走できる高品質な板が特徴。

RISUMモデルは展開されているラインナップの中で一番軽く、どんな雪でも良く走ります。

近くのゲレンデがあまり良い雪が降らないとか良い雪質を狙って行けない人はこの板がおすすめ。

【NOVEMBER】

初心者から上級者まで長く使えるのが魅力。これもゲレンデでよく男性が使用していますね。

このブランドの悪評を聞いたことがありません。

【SALOMON】

マウンテンスポーツに関して長年情熱を注いでいるブランド。

長年の経験とライダー達から得た知識から生まれたプロダクトはどれも1級品。

よく量販店で見かけるブランドですが、セールなどで高品質な板が安価に手に入りやすいです。

2-3.バインディングのみ単品購入の場合

【FLOW】

この記事ではホールド力が二番目だったステップインタイプのビンディングが有名なブランドです。

バインディングとブーツをFLOWで揃えるとホールド力☆1.5増しといったところしょうか。

バインディングだけ使っても初心者にはもったいないくらい・・。

リフトから降りて座り込まずに立ったまま出発したい人はこれです。

【FLUX】

品質は当たり前に良いです。

多様な動きに合わせる可変性に優れているので初心者の頻繁なコケによる衝撃と変な方向への曲がりにもばっちり対応。

中級者になったときに使っていて良かったと思えるでしょう。

モデルやカラーが豊富で個性を出したい方にもおすすめ。

3.まとめ

  • 3シーズン以上行かない
  • 滑りにこだわらない
  • 板の傷を気にせずとにかく練習したい

という人は3万円以下のセットで買っても良いと思いますが、

  • 結局何年か後にまた滑る
  • 新しいものを購入し直す

ということを考えると最初から実績のあるブランドから出ている3点セットを買う方が結果的に費用が抑えられます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク
レクタングル(大)