UBERの仕組みとは?日本での使い方や料金はいくら?

日本

あなたは、スマートフォンアプリでタクシーを呼べる新サービス「UBER 」をご存知でしょうか?

スマートフォンがあれば、気軽にタクシーを呼ぶことが可能になるんです!

「UBER 」は、アメリカが発祥の地になります。

今回はUBER の仕組み、日本での使い方や料金についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1.UBERの仕組みとは?

UBER は、タクシーの配車サービスを展開している会社を言います。

UBERは、自社でタクシーを保有しているのではなく専属のドライバーと契約をし、お客様とタクシーを繋ぐスマートフォンアプリです。

そんなUBER ですが、サービスには二種類あるのです。

1つは、他社に属していない専属タクシーを呼ぶ「UBER  BLACK 」というタクシーサービスで、もう一つは提携するタクシー会社のタクシーを呼ぶ「UBER  TAXI 」というサービスになります。

使い方は、スマトーフォンと専用スマトーフォンアプリを使ってクレジットカードの登録をします。

登録をしてしまえば、料金はこちらのクレジットカードから支払われます。

面倒な乗車後の、財布を出して支払いをする行為が不要になるのでスムーズに降りることができますよ。

仕組み

2.UBERの使い方

それでは、具体的にどのような使い方をしたらいいのかご説明させていただきます。

  1. スマートフォンに、専用スマトーフォンアプリをダウンロードする。
  2. 名前、メールアドレス、支払いをするクレジットカードの番号など基本情報を入力。
  3. 専用アプリが起動すると、地図がでて来るので乗車したい場所をタップ。
  4. UBER がGPS 機能を使って、1番近い場所にいるタクシーの到着時間を表示。
  5. 乗りたい車を選んで配車用依頼ボタンをタップ。
  6. 依頼した車の車種、ナンバー、ドライバーの登録情報が表示。
  7. 目的地に着くと、事前に登録しておいたクレジットカードで決済する。
  8. 領収書が必要な場合は、別途メールで受け取ることができます。
  9. ドライバーの評価を行い終了です。

これが基本的なUBER の使い方です!

3.UBER の料金について

UBER を利用し、配車をお願いして指定した場所まで来てもらう配車料金は無料です。

東京のタクシーは、配車料金通常410円必要なのでUBER の方がとてもお得ですね。

「開始料金」はタクシーの初乗り料金に相当するもので必ず発生します。

「1分後との追加料金」+「1km後との追加料金」=「UBERの最終利用料金」という仕組みになっています。

UBER の利用料金は最低料金に満たない場合は最低料金の「823円」になります。

簡単に言えば、UBER の初乗り料金は「823円」と言うことです。

「UBER BLACK」は、深夜になっても料金が変わらないので早朝や深夜など、タクシーが割り増しになる時に使えばお得です。

また、車のグレードがタクシーと比較して良いので、少し高級感が必要な状況の時にオススメですよ。

普通のタクシーで良い場合は、「全国タクシー配車」、「日本交通」「UBER TAXI」などをお使いください。

「UBER TAXI」の良いところは、ドライバーと電話で話せる点です。

タクシーは何でも良いから、とにかく捕まえたい場合は、各社のアプリを全部登録して早く捕まるタクシーを見つけるのが便利な使い方になると思いますよ!

UBER

4.UBER のデメリット

メリットばかりをご紹介してきたので、ここからはデメリットも書いていきます。

4-1. UBER のカバー

まだUBER が正式に使用できるのは東京だけ!

そのため、海外ではタクシーがつかまらなかったり、質が心配だったりすることがあるかもしれませんが、東京ではタクシーの台数も多く、駅などもあるので便利と感じない可能性があるかもしれません。

料金

4-2. UBER はタクシーではない

配車アプリであって、タクシー会社という訳ではなく、タクシー会社に必要な要件を満たさなくても事業ができるんです。

ドライバーは、自家用車と時間さえあれば登録をして個人タクシーのように仕事ができてしまい、タクシー業界から反発が強いと言われています。

これは日本だけではなく世界でも同じような状況になっているそうですよ。

4-3. UBER のトラブル

ドライバーとのトラブルが報告されていて、福岡で試験運用した時には国土交通省から、道路運送法に違反する可能性があるとして行政指導が行われているそうです。

認可を受けず違法に営業する個人タクシーを、「白タク」と通称呼んでいますが、UBERは白タクと同じじゃないのかと言ってる人もいるんだとか。

確かにそうかもしれませんね。

UBER

5.まとめ

  1. 高級車を、スマトーフォンアプリで呼べるなんてとても嬉しいサービスです。
  2. 使い方も、全然難しくなく簡単なので誰でも利用可能ですね。
  3. 料金も普通のタクシーに比べてお得感があるので、お財布にも優しいのが良いですね♪
  4. 自家用車と時間さえあれば登録をして、個人タクシーのように仕事ができてしまうのは、本当にタクシー業界から反発が強いって事も理解できます。タクシーとして人が増えてしまえば、利益が減ってしまいますからね。

UBERは非常に便利なサービスで、個人的にも一度利用してみたいサービスだと思いました。

プロポーズするときとかに、高級車をこっそり呼んだりするなんて使い方もアリですね(*^^*)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク
レクタングル(大)