【初心者のサーフボードの選び方】サイズ選びは身長と体重が重要?長さ・幅・厚みの決め方

サーフボード サイズ

サーフィンを始めると、初心者のうちはレンタルのサーフボードなどを使ってサーフィンされると思います。

回数を重ねていくと、自分のサーフボードを買うときがやってきます。

その際に選び方を間違えれば、適切なサーフボードを選ぶことができません。

サーフボードのサイズを選ぶ際は、長さ・幅・厚みを考慮する必要があります。

適切なサーフボードの選び方は、身長や体重を考慮するがありますが、身長、体重の影響度はサーフボードの種類により、異なります。

今回は初心者が失敗しないためのサーフボードの種類別によるサイズの選び方をまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1.サーフボードの種類

サーフィンで使用するサーフボードの種類は、長さによって異なり、サイズ別で下記の3種類があります。

  • ショートボード
  • ファンボード
  • ロングボード

大きさが異なることで、波への乗りやすさや、波に乗ったときの動きが変わってきます。

下記に各サーフボードの特徴を記載いたします。

ショートボード

  • 6フィート代(約1.8~2.1m)の長さのサーフボード
  • ノーズ(サーフボードの先)が尖っている
  • 細かいターン、大きなターン、スピードに乗った動きが可能

ファンボード

  • 7~8フィート代(約2.1m~2.7m)のサーフボード
  • ショートボードとロングボードの中間に位置する
  • ショートボードと比べて安定性が高く、ロングボードより動きが軽い
  • 初心者向けのサーフボード

ロングボード

  • 9フィート(約274センチ)以上の長さがあるサーフボード
  • 安定性が最も高い
  • 大きいので波乗るのに体力とテクニックが必要
  • ゆったりと波に乗れる

2.ショートボードのサイズの選び方

サーフボードのサイズを選ぶ際には長さ・幅・厚みを見る必要があります。

特にショートボードの選び方には身長や体重などが関係してきます。

ショートボード

長さの選び方

ショートボードの長さの選び方には身長が影響してきます。

下記は身長別のショートボード長さの参考値になります。

サーフボードの長さはフィートで表現されることが一般的です。

【1フィート=30.48センチ  フィートの単位は「ft」で、「’」(′)の記号を使うことがあります。】

身長(cm) ショートボード長さ
160~165 6’2~6’3ft(187.9~190.5cm)
166~170 6’3~6’4ft(190.5~193.1cm)
171~175 6’4~6’5ft(193.1~195.6cm)
176~180 6’5~6’6ft(195.6~198.1cm)
180~185 6’6~6’8ft(198.~1203.2cm)

幅の選び方

初めての場合、幅は広めの50cmくらいが良いとされています。

中上級者の方は46cm前後を使われることも多いです。

幅が広ければ安定し、狭ければ不安定になります。

幅が狭いほうが動きが良くなります。

厚みの選び方

厚みは体重が影響してきます。

下記に体重別のサーフボードの厚みを記載いたします。

サーフボードの厚みサイズはインチ(inch)で表現されることが一般的です。

【サイズ読み方例:2 1/4=2.25インチ=5.7cm  読み方は「ツー アンド クォーター」または「ツー アンド ワン・フォース」】

体重(kg) ショートボード厚み
50~55 2 1/4(5.7cm)~2 3/8(6.0cm)
56~60 2 1/4(5.7cm)~2 1/2(6.3cm)
61~65 2 5/16(5.9cm)~2 1/2(6.3cm)
66~70 2 7/16(6.2cm)~2 1/2(6.3cm)
71~75 2 7/16(6.2cm)~2 5/8(6.7cm)
76~80 2 1/2(6.3cm)~2 5/8(6.7cm)
81~85 2 5/8(6.7cm)~2 3/4(7.0cm)
86~90 2 3/4(7.0cm)
 

3.ファンボードのサイズの選び方

長さの選び方

はじめて購入する場合、長さは240cmくらいまでのものがおすすめです。

初心者がもっとも扱いやすいサーフボードがこのファンボードとされています。

これ以上のサイズになると重くて、大きくなるのでパドリングがしんどくなります。

慣れてきたらこれより大きいサイズでも大丈夫だと思います。

幅・厚みの選び方

ファンボードサイズになると、幅・厚みのサイズは気にする必要はありません。

デザイン重視で選んでいきましょう。

4.ロングボードのサイズの選び方

長さの選び方

一般的になりますが、ロングボードの場合、9’4-9’6くらいのサイズが遊びやすいとされています。

また、運搬が問題ない場合で、とにかくたくさん波に乗りたいという場合は、さらに長いボードを買うのもありです。

ショートボードのように身長別で長さを選ぶということはありません。

幅・厚みの選び方

ファンボードと同様で、幅・厚みのサイズは気にする必要はありません。

デザイン重視で選んで問題ありません。

5.まとめ

サーフボードと言えど、サーフィン自体が初心者かどうかや、サーフボードの種類によっても選び方も変わってきます。

サーフィン自体が初心者の場合、いきなりショートボードを選んでしまうと、なかなか波に乗れなくて苦労することが多くなります。

自分のスタイルに合わせた適切なサーフボード選びのご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク
レクタングル(大)