転職エージェントとの面談内容とは?服装はスーツ?私服??

面談

会社員で転職を考えたことがある方は結構いらっしゃると思います。

ただ、実際に行動に移す人は少ないのが現状ですよね。

その理由は様々ですが、一人で進めないといけないというのが、行動に移しづらい大きな要因の1つのだと思います。

転職エージェントの利用でその要因は解決できます。

今回は転職エージェントについての概要や、転職エージェントの利用方法、会う際の服装はスーツか私服かといった点や、面談内容などについてまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1.転職エージェントとは?

転職エージェントサービスというものがあります。

これは、面談、電話、メールなどで転職に関する相談に乗ってくれ、転職先が決まるまでサポートしてくれるサービスになります。

サポートをしてくれる方を転職エージェントと呼びます。

サポート内容は、転職先の紹介や履歴書、職務経歴書対策、面接対策、転職先との連絡調整などです。

これらの内容は全て無料で受けられます。

転職が成功した場合、転職先から転職エージェントの会社へ報酬が支払われるため、無料で利用可能となっています。

報酬は転職者の年収の3割から5割程度と言われています。
転職者の給与が上がればエージェント側の報酬も上がるため、給与交渉も手を抜かずに行ってくれます。

転職エージェントを利用すれば、本来は転職者がすべきことの大半を代行してくれるので、転職希望者は面接対策に集中できます。

履歴書

2.転職エージェントの利用

2-1.転職エージェントへの登録

転職エージェントの利用にあたり、まずはインターネットサイトから登録しましょう。

転職エージェントサービスは大小様々な会社が行っております。

有名なところですとリクナビやマイナビ、DODA、エン転職などがあります。

インターネットで検索すると色々出てくるので比較し、ご自分に合ってそうな会社に登録すると良いと思います。

わからない場合はとりあえず大手が無難だと思います。

私の実体験として、面談内容、面接対策が良かったので、エン転職のエンエージェントがおすすめです。

2-2.登録後の流れ

1.でも触れましたが、転職に関して、エージェント側が行ってくれる項目の流れは下記のようになります。

  • 登録者と面談
  • 転職先案件の紹介
  • 履歴書、職務経歴書の添削
  • 面接の日程調整
  • 面接対策
  • 給与交渉などの入社条件の調整
  • 入社日の調整

エージェントのおかげで転職希望者の負担はかなり減りますが、最初の面談でズレが生じると転職がうまく進みません。

面談をしっかり行うことが転職成功への第一歩となります。

2-3.会うときの服装

転職エージェントと会うときの服装は、私服でもOKという場合が多いです。

向こうからすると転職希望者もお客様になるので、エージェント側から服装は私服でOKと言ってくれる場合もあります。

ただ、人生に関わる大きなイベントである転職をお手伝いしてもらう方になるので、個人的に服装はスーツが良いと思います。

私は服装をスーツにしたのですが、エージェント側から良い印象を持って頂けました。

相手も人間ですので、良い印象を持って頂くとこちらの転職に対して力を入れて頂けます。

ちなみにですが、遠方であったり、どうしても都合がつかない場合は電話面談を行ってくれるところもあります。

この場合はもちろんですが、ビデオ通話でない限り、服装はスーツでも私服でも構いません。

スーツ

2-4.面談内容

転職エージェントとの面談では下記の内容について話し合います。

  • 転職希望者の職務経歴、プロフィールの把握
  • 転職活動の状況
  • 転職希望条件の把握
  • 提案しやすい案件について
  • エージェント利用時の転職の進め方

転職希望者の職務経歴、プロフィールの把握

学歴、これまでの職務経歴について聞かれます。

これらの内容を参考に、持っている転職先案件から適切なものを勧めてもらえることもあります。

転職活動の状況

これまでの転職希望先への応募状況、他の転職支援サービスなどの登録状況を聞かれます。

他のところに登録している場合は隠さずに答えましょう。

面談を行っているエージェントサービスと他サービスを比較して、メリット・デメリットを教えてくれることがあり、良い情報が得られることが多いです。

転職希望条件の把握

勤務地、職種、業種、給与、休日日数などの希望を聞かれます。

最初は遠慮せずにこちらの希望をしっかり伝えましょう。

そこから難しい条件は削っていくことになると思います。

提案しやすい案件について

これまでの面談内容から、転職先として提案しやすい業界、職種について説明を受けます。

転職は基本的に即戦力を求められるので、転職希望者の状況を分析し、それに見合った転職先はどういったものがあるか教えてもらえます。

もちろん、こちらの希望条件を考慮したものが、あればそれらも紹介して頂けます。

3.まとめ

転職希望者にとって、転職エージェントの存在はかなりありがたいものになります。

上手に利用すれば自分にとってたくさんのメリットがありますので、失礼のない服装で、実のある面談を行い、転職成功につなげていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク
レクタングル(大)