Uターン転職で後悔しないためにやるべき7つのこと

Uターン転職

親御さんの介護や、子供を地元で育てたいなどの理由からUターン転職を考えられる方は結構いらっしゃると思います。

私もUターン転職を行った一人です。

いざUターン転職を行うとなっても、後悔する結果になりかねないという不安などから行動に移しにくいですよね。。

Uターン転職は事前準備をしっかり行えば、希望する会社に入社することが可能です。

今回は実体験をもとに、Uターン転職で後悔しないために行うべきことについてまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1.Uターン転職の手順と各詳細

転職は時間の無い中で進めることになります。

特にUターン転職の場合は移動距離が長いので、時間の大切さがより実感されます。

このような状況では、無駄な行動を極力省く必要があります。

実際に行動に移す前にやるべきことを列挙し、優先順位を決めましょう。

下記はUターン転職に必要なやるべき内容になります。

上から順に時系列で必要な内容になります。

  1. 交通費の準備
  2. 転職先探し
  3. 履歴書、職務経歴書の用意
  4. 現職を休む口実作り
  5. 面接
  6. 現職と転職先の調整
  7. 転職先の職務内容把握、勉強

1-1.交通費の準備

Uターン転職は通常の転職と違い、交通費が多くかかります。

転職活動を進める内にお金の心配が出てくると、やるべきことに集中出来なくなります。

1つの会社の内定をとるためには2、3回その会社に出向く必要性があります。

Uターン転職を行いたい地域までの交通費を把握し、お金を準備しておきましょう。

交通費

1-2.転職先探し

せっかくUターン転職を成功させたものの、「自分のイメージと違い後悔した」という結果にならないようにしっかり情報収集に時間をかけましょう。

自分が仕事を行うにあたり大切にしたい項目を明確にし、Uターン転職を行いたい地域の仕事情報にたくさん触れていきましょう。

おすすめの情報集めは下記方法になります。

  • インターネットサイト
  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • チラシ、求人誌
  • 地域の就職イベント

インターネットサイト

転職者専門のインターネットサイトがあります。

マイナビ転職、リクナビNEXT、DODAなどが有名です。

これら以外にも地域によっては、その地域限定のサイトがあったりします。

存在する場合、検索サイトで「地域名+転職」などで検索すると出てきます。

このようなサイトに片っ端から登録しましょう。

サイトごとに求人を出している会社が異なりますので、片っ端から登録することで漏れが防げます。

各サイトには転職面接時の細かいマナーなども載っており、参考にできます。

マナーなどの情報は各サイトとも似たものになりますので、自分の見やすいサイトを選び、一つに絞って参考にすると良いです。

インターネットサイト

転職エージェント

先ほどご紹介したマイナビ転職、リクナビNEXT、DODAを含めて、転職エージェントのサービスが受けられるサイトがあります。

これは転職エージェントと呼ばれる方が転職までの道のりをサポートしてくれるサービスになります。

大まかなサービス内容は下記になります。

  • 転職先の紹介
  • 履歴書対策、面接対策
  • 転職先との調整

これらの内容が基本的に無料で受けられます。

無料の理由は、転職者が決まった場合、受け入れ側の会社からエージェントサービス会社に多額の報酬が支払われるという仕組みになっているからです。

転職エージェントサービスを利用して就職者を求める会社は、お金をかけてでも良い人材を集めたいと考えております。

また、マイナビ転職には掲載されていない情報であっても、マイナビの転職エージェントサービスからは紹介される仕事というものもあります。

エージェントサービスは登録し過ぎると、エージェントとのやり取りが大変になるので、片っ端から登録する必要はないと思いますが、2,3社は登録しておきましょう。

登録先の判断として、Uターン転職したい地域の転職先の案件数の多いところが良いと思います。

転職エージェント

ハローワーク

求人数がもっとも多く見られます。

ただし、転職サイトでは掲載してもらえないような悪い会社も存在しております。

気になる会社がある場合、ハローワークの担当者の方や、地元の知り合いなどに聞いて情報を集めましょう。

気になる条件があれば、ハローワークを通して会社に聞いてもらうことも可能です。

ハローワーク

チラシ、求人誌

新聞に挟まっているチラシや、コンビニ等においてある求人誌などに良い会社が求人募集していることがあります。

実家や地元の友人に頼んで集めておいてもらいましょう。

チラシ

地域の就職イベント

各インターネットサイトや、ハローワーク、各自治体などがUターン転職者向けの合同説明会や面接会を行っていることがあります。

開催される場合は、ネットで「地域名+合同説明会」「地域名+企業説明会」「地域名+転職」「地域名+面接会」などで検索するとヒットします。

これらのイベントは各会社の担当者が来られるので、詳しい説明を聞くことができます。

1-3.履歴書、職務経歴書の用意

良い求人があればすぐに応募出来るように、仕事探しと並行しながら作成することがおすすめです。

応募する仕事内容により、情報を変更する必要があるので、自分なりのテンプレートを用意しておき、応募の都度、詳細を変更するようにしましょう。

また、履歴書の志望理由はUターン転職の場合、書きやすいと思います。

前職が嫌だという内容には触れずに、「地元が好き」や「実家を継ぐ」などの理由を使えば、すんなりと受け入れてもらえます。

履歴書

1-4.現職を休む口実作り

基本的には転職試験は平日に行われます。

こちらの予定を考慮せずに日付指定し、面接に来てほしいと言われることがあります。

このような急な場面に対応出来るように現職へのスムーズな欠勤理由を複数考えておきましょう。

メジャーなのは「体調不良」「身内に不幸があった」などになります。

面接が進むと、ちょくちょく休む事が必要になりますので、「平日に通院が必要になった」なども使えると思います。

体調不良

1-5.面接

面接対策をしっかり行ってから面接に望みましょう。

面接対策は先程ご紹介したインターネットサイトを参考にすれば、必要な項目が載っています。

事前のシミュレーションが面接本番の良い結果につながります。

面接内容をまとめたら、実際に話してみてスムーズに喋れるようにしておきましょう。

用意していない質問が来ても慌てないように注意することも大切です。

考えても答えが出ないような質問はまず来ないので、その場で考えてから話せば問題ありません。

面接

1-6.現職の退職と転職先の入社の調整

合格が決まれば退職日の調整を行いましょう。

保険の手続きなどもあり、現職を辞めた後も現職の会社の方とやり取りする必要があるので、円満退職を行うべきです。

内定が決まれば、転職先から入社可能日を聞かれると思います。

転職先の希望日を聞いてから、「現在の会社に相談してからあらためてご連絡いたします」などと言って、自分だけで決めてしまわないようにしましょう。

社会保険や年金の切れ目を作らないように、有給消化などを利用して希望退職日と転職先への入社日を決めましょう。

社会保険や年金の切れ目を作ると自分で払わないといけないお金が発生してしまいます。

退職

1-7.転職先の職務内容把握、勉強

転職者は即戦力として求められることが多いです。

入社前に職務内容の詳細と、事前準備しておいた方が良い勉強内容について確認し、勉強しておきましょう。

勉強する必要は無いと言われる場合もありますが、この質問をすることで転職先からの印象は良くなります。

勉強

2.まとめ

Uターン転職で後悔しないためには事前のしっかりした準備が必要です。

今回の記事をご参考頂き、Uターン転職の成功につながれば幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク
レクタングル(大)