初心者でも簡単に分かる!「ビットコインの仕組み」とは!?~徹底解説~

ビットコイン

あなたは「ビットコイン」をご存知ですか?

まだまだ知らない方もいらっしゃると思います。

単なる電子マネーと受け止められてしまい、仕組みを理解しないまま批判やイメージだけで広まっているのが現状です。

「ビットコイン」は、インターネット上で世界共通のお金として取り扱われています。

今回は、初心者でも簡単に分かるように「ビットコインの仕組み」を、徹底解説させていただきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1.ビットコインとは?

「ビットコイン」とは、ネット上に存在する仮想通貨で、国境を越えて利用されています。

米ドルやユーロを遥かに越えた世界最強の通貨になるかもしれません。

簡単に言うと、オンラインゲーム内で稼いだお金を現実世界でも使えるということです。

2.ビットコインと電子マネーの違いは?

ビットコインは世界中で制限なく使われている通貨です。

電子マネーは発行した企業のみのネットワーク内でしか使えない仮想通貨です。

電子マネーは、発行元があるが、ビットコインはない。

電子マネーは、現金を払い発行されるが、ビットコインは「採掘」という「ビットコインネットワーク」への協力行為の対価として発効されます。

電子マネーは第3者へ支払うことができず、発行元でのみ発行するが、ビットコインは受け取りも支払いも貯めておくこともできます。

仕組み

3.マイニング(採掘)とは?

自宅にスーパーコンピューターを置き、取引記録作業をしている人達を「マイナー(採掘者)」と呼びます。

ビットコインがほしいために取引記録作業をして、不定期にビットコインを手に入れる行為が、花を堀続けて金を発掘する行為に似ているため「マイニング(採掘)」と呼びます。

4.ビットコインの特徴は?

ビットコインは「分散型仮想通貨」と呼ばれていますが、実際はビットコインの最大の特徴「発行主体のいない分散型仮想通貨」であることです。

基本的に外部から管理や影響されにくい通貨です。

でも、発行主体がいないということは、価値を担保してくれる組織がいないということで、もし手持ちのビットコインが無くなってしまったとしても保証される可能性は低く、完全に自己責任になります。

5.ビットコインの発行量は?

ドルや円は、国家がつぶれない限り発行できます。

これを、無限通貨と言います。

ビットコインは、開発されたときから上限が決まっており有効発行なのです。

ビットコインの総発行量は2100万BTC で、発行期限は2140年ごろと決まっております。

2015年の時点で、1200万のBTCが発掘されていると言われています。

仕組み

6.ビットコインのメリットは?

具体的なビットコインのメリットをご紹介していきます。

6-1.銀行にいかなくても送金可能

円の通貨では、銀行に行き口座に振り込まないといけなかったのが、ビットコインだと銀行に行かなくても自分から直接、簡単に送金することができます。

面倒な手続きなどがないのです。

個人間でのお金のやり取りが簡単にできるのです。

6-2.海外利用が便利になる

海外でお金を使うとき「円→ドル」に変えて、日本に帰国後「ドル→円」に戻さないといけませんよね?

しかし、ビットコインはその手続きが不要で海外でそのまま支払いをすることができるのです。

6-3.ハイパーインフレ対応

いきなり預金口座が封鎖なんてしたら、銀行に長い列ができ並ばないといけなくなります。

でも、ビットコインの場合引き出せなくなる心配はありません。

自分自身が銀行になっているのです。

7.ビットコインのデメリット

ここからはビットコインのデメリットをご紹介していきます。

7-1.ビットコインアドレスが長すぎて間違いやすい

ビットコインを送る時や受けとるときには「ビットコインアドレス」が必要です。

読めない組み合わせになっているので、「コピペ」や「QRコードの読み取り」で、正確に読み取らなければいけません。

間違えて送ってしまったら、取り戻すことができないのです。

7-2.国の担保がない

ビットコインは正式な通貨として認められていません。

なので、価値が落ちたとしても、違う人にそうきんしてしまったとしても、パソコンがウイルス感染したとしても、すべて自己責任で誰も保証をしてくれません。

簡単に

8.まとめ

今回の記事を読んでみて、ビットコインを使てみたいという方が増えたのではないでしょうか!

ビットコインは世界共通のお金です。

海外でもドルに変えないでそのまま使えるのはとても便利だと思いました。

しかし、担保がないので全て自己責任っていう点についてはかなり怖いと思います。

なかなか手が出せない人もいらっしゃるかと思います。

ビットコインは信用してこそ成り立っているので、信用できないという方は手を出さない方が良いかと思います。

しかし、電子マネーは発行した企業のみでしか使えないが保証される可能性は高いですよね?

どっちがいいのかはどの視点で考えるかで変わってきます。

年々、ビットコインの価値は上がってきているので、興味があって使いたいという方は発掘に協力してみるのも面白いと思います。

ただ、送金する際ビットコインアドレスだけは絶対に間違わないように注意してください!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)