転職で前の会社を辞めるタイミングと、辞める時の理由について

タイミング

転職を考えている方の心配の一つに転職前の会社を辞めるタイミングと、辞める理由があるかと思います。

「突然辞めると周りに負担がかかってしまう」といったことや、「波風を立てずに辞める理由を伝えたい」といったことを思う方もおられると思います。

長年お世話になった会社であればあるほどそういう傾向になりがちかと思います。

かくいう私も転職を複数回行っておりますが、上記の点について悩んだ時期もありました。

ただ、転職を繰り返す中でこの辞めるタイミングと辞める理由については、上手く進めるコツがわかってきました。

そこで今回は転職前の会社辞めるのに良いタイミングと、会社を辞める時の上手な理由についてご紹介致します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1.前の会社を辞めるタイミング

前の会社を辞めるタイミングですが、その時の状況によって異なってきます。

波風を立てても問題ないという場合は無理やり辞めるということもできますが、そんなことを出来る方はタイミングとさで悩んだりしませんよね。。

辞めた後も年金や保険の手続き、退職金のことなど色々確認することが出てくる時もあります。

そのような場合も想定して、辞める場合は波風を立てないで辞めることをオススメします。

1-1.一般的なタイミング

一般的には退職日の一ヶ月前に退職の意向を伝えるべきとされています。

法律上では2週間前となっています。

有給消化が行える場合はそれも含めた期間を伝えるようにしましょう。

ちなみにですが、辞める予定の会社がしっかりしていれば問題ないのですが、そうでない場合、気を使ってだいぶ前から辞める旨を伝えるというのはオススメしません。

私の知り合いは半年後に辞めるという旨を伝え、半年間はその会社に在籍する予定で働いていたのですが、残り一ヶ月を残して辞めてくれと言われてしまいました。。

こうなると気を使ってあげたことが無駄になってしまいます。

辞める時

1-2.引き継ぎが長くかかりそうな場合の裏ワザ

引き継ぎが長くかかりそうで、すぐに辞めにくい状況の場合は、転職活動の進め方を交渉してみるという方法があります。

転職前の会社が急に辞められると困ると言った場合は、いつまで在籍して欲しいのかをハッキリさせましょう。

その期間は在籍するが、転職活動のある日は休む前提で在籍するという方向に持っていきます。

また、その交渉時に有給消化も完全に行うという条件もつけましょう。

有給消化を完全にすることは難しい会社はたくさんありますが、こちらが有利な状況だと言いやすくなります。

転職前の会社の在籍期間がハッキリしていれば、転職先にもいつからは働けるということも明確に伝えられますし、在籍期間が長い場合は、ゆっくりじっくりと転職活動に取り組めます。

1-3.次の仕事が決まってから伝える場合

次の仕事が決まってから辞める場合は、転職先に入社希望日を確認してから、現職にその旨を伝えて辞める日を決めましょう。

転職前の会社には、次の仕事が決まっていると伝えてしまえば、引き留めようがありません。

何か言われたとしても、退職日は次の転職先基準で押し進めましょう。

1-4.次の仕事が決まってない場合の交渉

次の会社が決まっていない場合、いきなり辞めるのではなく不満点についての交渉を行ってみましょう。

辞めることが頭に出てくると今の会社に残るという選択肢は出てきづらいですが、この方法も自分の状況改善には有効です。

退職したい旨を伝えると、大体の場合は事情を聞かれます。

ある程度仕事を任されている場合、会社側は退職希望者に辞めて欲しくないと思います。

そこで、こちらが不満に思っている点を述べると、待遇の改善や部署異動などの措置を取ってくれる場合が割とあります。

私も複数回転職していますが、改善の提案はどの会社も行なってくれました。

もちろん改善提案を受けるためには、日頃の仕事をキチンとこなしていることが前提になります。

理由

2.前の会社を辞める理由

いざ会社を辞めるとなった場合、転職前の会社に対して納得する理由を述べるとゴタゴタが少ない状態で辞められます。

下記からはすんなりと辞める理由として通りやすいものについてご紹介致します。

2-1.Uターン

実家が離れている場合、家庭の事情で地元で働く必要が出てきたというと納得してもらいやすいです。

家庭の事情となると、上司も口出ししづらい範囲になってきます。

家庭の事情の詳細は下記のようなものがあります。

  • 実家を継ぐ必要がある
  • 子育ての都合上、親にも参加してもらう必要がある
  • 家族の介護を行う必要がある

2-2.現在の条件が納得いかない

給料、労働時間、休日などの労働条件が自分の希望と異なる場合、その旨を伝えます。

伝えることで改善されればラッキーですし、無理なら正当な辞める理由になります。

今の条件では生活できないと言えば、引き留めようがありません。

辞める時

2-3.やりたい仕事ができない

他にやりたい仕事があり、今の仕事ではそれができないという場合はそれを伝えましょう。

他にやりたいことがあるというのは、有効な辞める理由になります。

場合によっては、応援してくれる方も多く出てくると思います。

2-4.家庭の事情

子育てや介護の関係で、いまの会社では働けないと伝えます。

2-2.と繋がる部分ではありますが、家庭の事情で今の労働時環境では働くことがしんどいと言えば、辞めやすいです。

運が良ければ、会社側がこちら都合の良い条件で働かせてくれます。

2-5.体調の都合

体調を悪くし、転職前の会社では仕事を続けることが難しくなったので、辞めると伝えます。

体調の場合、このまま今の仕事を続けると悪化するなどと言えば辞めやすいです。

辞める時

3.まとめ

転職前の会社を辞めるタイミングは色々考えるとどんどんズレ込んで行きますが、やはり自分の人生ですので、自分にとってベストなタイミングで辞めたいものです。

辞めるための理由を上手く使いながら、自分にとって良いタイミングで辞められるように調整していきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク
レクタングル(大)