ジョギング初心者にとって最適な時間帯と走る時間の長さとは?

ジョギング

昨今はジョギングブームといわれています。

皇居の周りなどが有名なジョギングコースとなっているようですね。

走っているランナーを見て、『私も走ろうかな』と思う方もいらっしゃるでしょう。

ジョギングは最初だけ少しお金をかければ、長く自分のペースで続けられるスポーツです。

始めるにあたり最適な時間帯やどれくらいの時間を走るべきか気になるかと思います。

今回はこれらについてご紹介いたします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1.ジョギング初心者が走るべき時間帯

ジョギングはいつの時間に走るのが一番いいのでしょう。

朝・昼・夜別にその特徴を記載いたします。

【朝】

朝起きるのが苦にならない人は朝走るのが良いでしょう。

朝食前に走るとダイエットの効果が高いことが分かっています。

そのためダイエットを目的の主眼に置いている人は朝走った方がいいでしょう。

【昼】

昼でも走る時間をとることはできますが、あまり初心者向けの時間帯とは言えないですね。

交通量が多く危険であったり、休憩がすぐに取りにくいこともあります。

また、気温が高くなり、体力の消耗も激しくなる時間帯です。

昼走るのは中級者になってからにしましょう。

【夜】

朝時間が取れない人は夜走ると良いでしょう。

夜走るとリラックス効果や安眠効果が得られます。

ただ女性の方などは走るコースによっては危ないこともあります。

いずれの時間に走るとしても、道の込み具合や休憩が取れるか、いざという時には助けを求められるかなど様々な要素を考えておいた方が良いでしょう。

ラン

2.ジョギング初心者のスピード

あくまでも初心者の場合は長く走り続ける方が大事なので、走るのは1キロ8分程度のスピードが良いとよく言われます。

1キロ8分といわれてもピンとこないかもしれませんが、要するに隣で走っている人と談笑しながら走るスピード、という事です。

ゼイゼイハアハアいうようでは速すぎます。

歩くスピードが1キロ10分程度なので、歩くよりは速いといった程度です。

初心者のうちはこれぐらいのゆっくりとしたペースで、どれだけ長く距離を走れるかを考えた方がより楽しいですし、実践的です。

ランニング

3.ジョギング初心者が走るべき時間の長さ

ジョギング初心者は最低でも20分は走り続けるように言われます。

これは、人間の体は最初の20分は脂肪分より糖分をエネルギー源として使うのに対し、20分後には逆転して脂肪分をエネルギー源にし始めるからです。

ですから20分以上、できれば30分~1時間の間が走るべき時間の長さという事になります。

一見長いように思われるのですが、1キロ8分のペースで考えると3キロで24分、5キロで40分かかります。

つまり適当なスピードで走れば大体20分は超えるようになっているのです。

ジョギング初心者の間はゆっくり長く走れるようにしましょう。

走ってみるとそれほど苦にならず、どんどん距離が延びで行くのが自分でもわかって、走るのが楽しみになります。

ジョギング

4.まとめ

ジョギング初心者であれば朝か夜、危険のない時に時間を作って走るのが良いでしょう。

初心者の間は1キロ8分のペースで最低20分は走りましょう。

走っていると脳内にセロトニンやドーパミンが分泌されてきて走ることが楽しくなります。

ジョギングは初期投資の少ないスポーツです。

ぜひ走る楽しみを感じてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする