新幹線で指定席のみしか空いてない場合は幼児も料金が必要!?

幼児

旅行や帰省となると新幹線を使う機会のある方は、多くいらっしゃると思います。

小さいお子様がいらっしゃる場合、料金も気になるところですよね。

「幼児までは無料」というのは、聞いたことのある方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、新幹線の場合、指定席のみしか取れない場合があります。

「指定席のみしか取れない場合、幼児の料金は変わるのか?」などがよくわからなかったので、新幹線に乗る場合に必要な幼児の運賃を調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1.幼児の年齢とは?

「幼児とは何歳から何歳までか?」ですが、JRでは幼児を1歳〜6歳までの未就学児としています。

下記は幼児以外も含めた区分を年齢別にまとめたものです。

区分 年齢
大人 12歳以上(中学生以上)
小児 6歳〜12歳の小学生
幼児 1歳〜6歳までの未就学児
乳児 1歳未満

少しややこしいのですが、6歳と12歳では同じ年齢でもそのときの状況により、呼び方が異なります。

6歳では、幼稚園児などで小学校に通っていない場合は幼児とされ、小学校に通っている場合は小児とされます。

12歳も同様の流れで、小学生の場合は小児、中学生の場合は大人とされます。

2.新幹線の乗車に必要な料金

新幹線を乗る際に必要な料金は、乗車券と特急券の料金になります。

特急券の種類が自由席・指定席・グリーン席によって変わります。

  • 自由席→新幹線特急券
  • 指定席→指定席特急券
  • グリーン席→グリーン席の指定席特急券

指定席は自由席料金に指定席料金分を追加グリーン席は指定席特急券料金にグリーン車料金分を追加というイメージになります。

この料金が、1.でお話した年齢によって変わってきます。

下記は年齢別に必要な料金をまとめたものになります。

区分 乗車券 特急券
自由席 指定席 グリーン席
大人

大人

運賃

大人

運賃

大人

運賃

大人

運賃

小児 半額 半額 半額

特急券料金は半額

グリーン席料金は大人運賃

幼児 無料 半額 半額

特急券料金は無料

グリーン席料金は大人運賃

乳児 無料 半額 半額

特急券料金は無料

グリーン席料金は大人運賃

3.指定席のみ・グリーン車のみしか空いていないときに幼児料金が無料になる方法

指定席のみやグリーン車のみしか座席が取れない場合、幼児を膝の上に乗せる場合は料金が必要ありません。

自由席と違い、指定席・グリーン車は席を確保することに対して料金がかかります。

新幹線

4.乳児・幼児料金を無料にするには人数制限がある

乳児・幼児の新幹線料金を無料にするには、人数制限があります。

料金を支払い乗車する旅客1人について、無料となる幼児・乳児は合計2人までです。

例えばですが、親が1人で幼児と乳児が3人の合計4人で旅行する場合、「1人分の大人料金と、1人分の子供料金」が必要となります。

乳児・幼児であれば、無条件で無料になるという訳ではないので、注意しましょう。

新幹線

5.まとめ

下記条件に注意する必要がありますが、幼児の新幹線料金は無料であることが分かりました。

  • 幼児の年齢と状況(未就学かどうか)
  • 乳児・幼児に同行する料金を支払う旅客人数

また、指定席のみ・グリーン車のみしか空いてなくても、膝の上に乗せれば、無料であることも分かりました。

この記事をご参考にして頂き、みなさんの新幹線移動にかかる料金がお安くなると幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)