数珠には男性と女性で選び方に違いがある!?パワーストーンも徹底解説!

男性

あなたは数珠に男性用と女性用があるのを知っていましたか?

実は、男性と女性用では大きさや色にまで違いがあります。

数珠はほとんどお葬式にしか使わないので、普段持ち歩いてる方はそんなにいないんじゃないかなと思います。

今回は、数珠の男性と女性の選び方の違いと、パワーストーンについてご紹介させていただきます。

知識として頭の隅に入れておけば、いつか何かしらの役に立つと思いますよ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1.数珠とは?

数珠(じゅず、ずず)とは、穴に通ったたくさんの珠に糸を通した法具です。

108珠あるんだそうです!

「念珠」「珠数」と書くこともあります。

2.男性用と女性用の数珠とは?

2-1.男性用

  • 色は黒が多め。
  • 珠の大きさも、女性に比べて大きい。

数珠には「お守り」の意味があります。

なので、日常的に持っていた方が良いとされ、実際に身に着けている方も多くおられます。

2-2.女性用

  • 色は、房が白や紫色が一般的。
  • 大きさは、男性よりも小さめが多い。

選び方

3.数珠の選び方として気にすべき3点

3-1.略式か宗教正式

各宗派の正式な数珠か、数や形を気にしない略式の数珠があります。

自分の宗派を確認し、正式な形にこだわるのか、略式でもOKなのかを確認することが大切です。

3-2.材質

仏教で貴重とされている「7宝」をはじめとする天然石や黒壇などの材料が数珠の素材となっています。

ちなみに、仏壇や位牌などに使われる唐木を使った数珠も大人気です!

3-3.地域の違い

結婚式と葬式などに、数珠が使い分ける必要ないのですが、地域によっては分けられているので注意が必要です。

地域によっては、色も違うので、数珠のマナーを指摘される可能性があります。

違い

4.パワーストーン

4-1.本来の意味

数珠とは本来、「魔除け」の仏具です。

珠の数が108珠なのは、除夜の鐘を打つ数と同じです。

108は人間の煩悩の数言われています。

煩悩とは、欲望、怒り、迷いや苦しみの原因となる心のあり方を表した言葉なんです。

4-2.幸運を招く数珠

  • 本水晶・・・神秘的な石で、クリスタルとして有名です。魔除けになる仏教の7宝ほひとつと言われています。
  • 紫水晶・・・アメジストと呼ばれ2月の誕生石です。不安を取り除き安らぎと幸運を呼びます。
  • オキニス・・・邪念や悪い気を振り払い、理性を与えてくれます。

4-3.金運、仕事運を招く数珠!

  • 青虎目石・・・ブルータイガーアイと呼ばれています。洞察力や決断力を養い、金運や仕事運を高めるのです。
  • 黄水晶・・・シトリンと呼ばれています。商売繁盛と富を与える幸運な石なんです!
  • トルマリン・・・衰弱した心を回復させるんです。理解力を改善する力があります。

4-4.どちらの手首につければいい?

右手

金運、財運、仕事、商売、勝負などの現実的な力を得たい際に付ける手になります。

左手

恋愛、開運、健康、厄除けなどの霊的な力を得たい際に付ける手になります。

簡単に言うと、魔除けのために数珠は左手につけることが原則です!

ギャンブルや試験の勝負などは、右手ですよ♪

女性

5.絶対にやるべきこと

パワーストーンをそのまま身に着けていませんか?

パワーストーンは、良い気も悪い気も吸い取ってしまう性質があります。

悪い気が混ざっていれば、良い効果をもたらす事はありません。

身に着ける前に必ず「浄化」してください。

また、身に着けから月に一度は浄化をしてあげましょう。

浄化をすることで、パワーストーンもリセット状態になります。

そうすることで、効果を存分に発揮することができるんです。

6.浄化方法3選

6-1.水の浄化法

パワーストーンの浄化で、水で洗うという方法があります。

天然水が理想ですが、水道水でも大丈夫です!

洗った後は、しっかりと水分を拭き取ってください。

6-2.光で浄化

石は光を浴びることで、パワーがチャージされます。

浄化した後に、太陽や月の光をあててあげてください♪

6-3.煙と浄化

パワーストーンの中には、水に弱いものがあります。

傷付きやすい石の浄化をしたい時は、「セージ」などをいぶして浄化する方法をしてみてください。

セージを燃やし、煙の中にパワーストーンをくぐらせることで、石に溜まった悪い気を浄化するのです。

このセージをいぶす浄化方法は、パワーストーンの浄化だけではなく、空気や空間の浄化にも使えるんですよ♪

数珠

7.まとめ

数珠と一口に言えど、男性と女性では使用するものに違いがあり、選び方も異なるので注意が必要です。

特に数珠を使う際はかしこまった場面が多いので、きちんとした知識を身に付けて、正しい選び方をしなければいけません。

当記事が数珠の選び方の参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク
レクタングル(大)