ウインナーコーヒーの意味と由来~正しい飲み方について

ウインナーコーヒー

喫茶店などに行くとウインナーコーヒーというメニューがありますよね。

コーヒーの上にホイップクリームがのっている飲み物です。

あのウインナーコーヒーですが、なぜ名前がウインナーなのでしょうか?

ウインナーというとソーセージの方を思い浮かべてしまいます。。

また、ウインナーコーヒーですが、飲むことが難しいと感じたことはありませんか?

ホイップクリームを溶かしてしまえば良いのか?、スプーンですくって食べるのか?など、私の場合、飲み方に迷ってしまいます。

そこで今回はウインナーコーヒーの意味と由来のまとめと正しい飲み方について調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1.ウインナーコーヒーの由来

ウインナーコーヒーの由来ですが、それはオーストリアを発祥とするコーヒーの飲み方とされています。

ちなみにウインナーコーヒーという名称は日本独特のものであり、海外では通用しません。

もちろん、オーストリアにもウインナーコーヒーという名称のコーヒーは存在していません。

オーストリアにはウインナーコーヒーに近いものとして【アインシュペナー】という飲み物があります。

アインシュペナーはコーヒーにほぼ同量の生クリームが載っており、カップではなくグラスに注がれた飲み物になります。

アインシュペナーとは一頭立ての馬車を意味します。

かつて馬車の馬を扱う者が、寒い季節に温まるために飲んでいたことから名付けられました。

ホイップクリームでコーヒーを冷まさないようにする効果もあったかもしれませんね。

意味

2.ウインナーコーヒーのウインナーの意味とは?

ウインナーコーヒーのウインナーですが、オーストリアの首都ウィーンを意味しています。

ウィンナーはWienerという表記になり、ウィーン風のという意味になります。

ソーセージのウインナーとは全く意味が異なりますので、ご注意ください。

ちなみに「ウインナー」は「ソーセージ」の中の1種という扱いになります。

「ウインナー」は豚肉と牛肉を塩漬したものに香辛料を加えて練り合わせ、羊などの腸に充てんした後、 燻煙・ボイルしたソーセージとなり、オーストリアのウイーンを発祥の地とするソーセージです。

オーストリアの首都ウイーンという点はウインナーコーヒーと同じなので、ややこしいですね。。

ウインナーコーヒー

3.ウインナーコーヒーの正しい飲み方

ウインナーコーヒーのあのホイップクリームですが、基本的には混ぜないで飲むことが正しい飲み方とされています。

下記の順番で飲むと楽しめるとされています。

  1. 混ぜないでホイップクリームを味わう
  2. コーヒーの温かさと苦味を味わう
  3. 砂糖を混ぜて、後味の甘さを味わう

ただ、明確に決まりがあるわけではないので、ご自分なりの正しい飲み方を作っていくのも楽しいと思います。

4.ウインナーコーヒーのバリエーション

ウインナーコーヒーは出してくれるお店によって、少し違いがあることがあります。

それはホイップクリームの上にかけるものに違いがあるからです。

何もかけないお店もあれば、シナモンパウダーや、ココアパウダーをかけるお店もあります。

また、コーヒーに少しだけお酒を加えるものもあります。

純喫茶巡りが人気になっていますが、ウインナーコーヒー巡りというのも楽しそうです。

由来

5.まとめ

子供の頃、ウインナーコーヒーのウインナーはソーセージのウインナーかと思い混乱したことがありました(笑)

大きくなるにつれてホイップクリームがコーヒーにのった飲み物ということがわかりましたが、その意味までは知りませんでした。

ウィーン風のという意味だということに納得しましたが、ソーセージのウインナーも結局、ウイーンに関係していたので、また少し混乱しました(笑)

今回、話のネタになるような知識が増やせてよかったと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)