家族のみの結婚式ってどんな内容?現役ブライダル関係者が人気の演出を教えます!

結婚式

最近では結婚式の多様化が進み、結婚式の会場選びや演出内容も様々です。

なかでも家族のみで行う結婚式が増えています。

ちょっと豪華な食事会をリラックスしてできるという感覚が人気の理由のようですね。

家族婚といえど、一生に一度の結婚式ですから思い出を多く残したいですよね。

そのためにはゲストに喜んでもらうための演出も大切になってきます。

そこで今回は家族のみの結婚式で人気の演出をご紹介いたします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1.結婚式の演出

1-1.リングリレー

親族や兄弟から両親へとリングを渡し、両親がリングピローに指輪を入れるという流れの演出です。

リボンを使い会場の後ろから前へ運びます。

新郎側、新婦それぞれ行うので通常だと時間がかかり時間を気にしますが、家族婚ならさほど時間も気になりませんし全員参加できるので人気の演出です。

結婚式

1-2.ブーケトス

ブーケをキャッチした方が次の花嫁になるといわれるブーケトスは有名ですね。

家族に女性陣が多いと必ずワイワイ盛り上がります。

見ている親族にとっても微笑ましい光景ですね。

結婚式

1-3.ブロッコリートス

これは新郎が男性向けに行うトスです。

  • 子宝に恵まれる
  • 幸せが詰まっている
  • 受け取ると健康で過ごせる

という意味があるとされています。

男性陣が多い場合におすすめです。

場をもっと盛り上げたい方はブロッコリーを取った方にマヨネーズを投げるともうひと盛り上がりします。

食べ物の扱いに厳しい方が家族にいる場合、代用品としてアフロのかつらを投げる演出もあります。

こちらは年配の方にも好評ですが慎重に。

2.披露宴

2-1.ケーキバイト

昔からの定番演出ですが、今も人気の演出の一つです。

通常の流れでは新郎新婦が行いますが、まずご両親に「お手本バイト」をしていただき、その後に新郎新婦が行う流れです。

この両親参加型も盛り上がります。

2-2.フラワーガール・フラワーボーイ

花束贈呈など、お花に関する演出がある場合はお子様に参加してもらいましょう。

行動が予測不能な年齢のお子様の場合は、演出できなくなっても問題のない進行ができることを考えておきます。

お花以外にもお子様の歌や演奏なども微笑ましく皆が笑顔になりますので人気の演出です。

2-3.ムービー演出

親族同士の会話は尽きないものですが、どうしても「間」があく時間があります。

新郎新婦のプロフィールや結婚までの馴れ初めなどのムービーを流しておくと助かります。

司会を頼まないという方はオープニングムービーとエンドロールムービーがあるだけで雰囲気が締まりますし、家族の思い出なんかを流すとご両家で話も盛り上がります。

2-4.生演奏

BGMを流しっぱなしにするのではなく、バンドだと場の雰囲気や盛り上がりにも臨機応変に対応してくれますし、多少のリクエストも聞いてくれますのでゲストも喜ばれると思います。

落ち着いた雰囲気にしたい方にはもちろん、司会を頼まない方は進行サポートとして助かる面もあるので人気の演出です。

2-5.新郎からの手紙

両親へ感謝の気持ちを伝えるのは照れくさいですが、結婚式はそれを後押ししてくれます。

改めてご両親との絆が生まれる感動の場面です。

新郎は最後の締めの挨拶をされるかと思いますが、その流れでさらっと言いがちです。

新婦よりも新郎の方が普段感謝の気持ちを伝える機会が無いという事で新郎が手紙を読む演出が人気になってきました。

通常の結婚式よりも読みやすいですし、改めて手紙にするとより一層ご両親の思い出に残り喜ばれる演出です。

結婚式

3.まとめ

上記が家族婚で人気の演出になります。

家族婚で心配されることの多くは「間がもつのか」「ゲストが楽しんでくれるか」を心配される方が多いです。

今回ご紹介した演出は、定番ながらゲストが全員参加できる内容です。

賑やかに行いたい派や、和やかにしたい派の方もゲストの方一人一人とコミュニケーションを長く取れるのが家族婚の魅力です。

お二人の個性をプラスして人気の演出をアレンジしてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)